Blindside 180

肩の角度をゼロ度にしてから離陸します

バックサイド180はトゥーサイドターンから派生させます。普段の滑走のスタンスより少し肩を回転方向に入れます。通常フリーランをしている時は、自然と肩がオープン方向に入っているのでこれを解除するイメージです。勢いをつける必要は全くありません。

両足を引きつけ高さを出します

頂点で90を意識して180します。空中で両足を引きつけるとスタイルがでます。この時、山側の景色が視界に写りますので、視線をそのまま固定し、板を先行させランディングに備えます。上半身で180を回そうとすると危険です。必ず上半身は90で止め、下半身を回し込むのがポイントです。

ランディング

ランディング時も視線は山のままです。ランディング後、板が安定してから初めて進行方向を向きます。バックサイド180は基本的なグラトリですが、文字通りランディングがブラインドになるので初めは恐怖感があると思います。低速から慎重に練習するのがよいと思います。