ノーリー系スピンについて

やーまださん、こんにちは!昨シーズンは、お世話になりました。
えっとですね・・・今シーズンもノーリー5の壁に阻まれています(涙)昨シーズンは、雪質が良いところであればノーリー5のメイク率が高かったのですが、バーンのところとなると、悲しいくらいに落ちるのが悩みです。
私の場合、やーまださんと同様、軸足を伸ばすタイプのノーリーをしているのですが、ノーズを刺す力が弱いことが原因なのでしょうか?私が認識しているエントリーとひっかけ方方は、下記のように認識しています。

①S字ターンのヒール側にきたとき、軸足は伸ばし、軸足でない方の足は少し曲げてエントリー。このとき、ノーズに荷重をかけやすくするために、すでに上半身はターンの進行方向に向いています。
②S字ターンの半ばで、伸ばしていた軸足に荷重をかけ(ノーズを刺す)、視線を回転方向に向ける(これにより、かってに軸足でない方の足が90~180度回転方向に回っていく)。

②のノーズを刺すときには、ノーリーのように後傾から前傾に体重移動する動作をするべきでしょうか?それとも前傾姿勢のままでよいですか?
また、90度までスライドさせる動作は、ノーズのひっかけによるものではなく、ヒールターンで90度あたりまでもっていくべきですか?

かっちゃんさん

書き込み有難うございます。本年も宜しくお願いします。

ノーリーの手順は自分も殆ど同じです。板が90度になった時の体重移動はしっかり行った方がノーリーは強く掛かりますが、スピードがついていると困難です。高速で進入しメイクする時にはあまり意識されない方が良いかもしれません。

ノーリースピンをする上で非常に重要な要素の一つに雪質があります。特に膝伸ばしのノーリーは、雪質にナーバスになります。新雪やシャバ雪の様にエッジが雪面に食い込む状態ではメイクは容易ですが、アイスバーンではノーリーはほぼ不可能です。悪条件の際に練習すると、下手になる練習をしてしまいかねないので、自分は条件の良い雪でない限り、積極的にノーリーは掛けないようにしています。

その日の雪質にあった練習をするのも上達への近道かもしれませんね。