現地調査


残暑厳しく、今日は日中でも30℃以上あり暑い一日でした。

今、R19では今年のスノボ動画の撮影方法や、これからのポリシーについて考えています。R19発足時は、グラトリブームで当チーム内でもグラトリ色が非常に強くなり、みんなグラトリに燃えていました。最近では、グラトリとフリーランを絡める動きが強くなり始め、昨年はジブやキッカーといった要素も取り入れようという動きも出てきました。また、動画の編集に関しても、R19というチームカラーをより強くだそうという動きも見られるようになりました。

そんな中今日は、アウトオブゲレンデで撮影できる場所を探すべく、地元の山中を巡っていました。ここは長野県のとある山中で、10年前くらいにR19の総帥が冬場に闇練をしていた場所だそうです。記憶を辿りながら山中を巡り、途中とんでもない細い道にハマリながらも、やっと発見できました。

ここは、ほどよい斜面になっており、雪もそれなりに降りそうな感じの場所です。雪が降ればかなり遊べそうな場所で、途中になんらかの障害物を置いてジブ的に遊んでも楽しいかなと思います。今年の撮影はこういった変化のある場所でも撮影を行い、よりインパクトのあるスノーボードムービーの作成を手がけたいと考えています。