ゴリ男 in 鹿島槍


今日も昨日に引き続きゴリゴリ滑った一日でした。そのため題名はゴリ男です。天気は午後から快晴で絶好のボード日和でグラトリ、エアー、ギャップグラトリという濃密なメニューの練習でした。

エアーは各自の目標は異なりますが、より安定した空中姿勢の維持とエアーでのスピンが当面の目標です。全員安定したエアーを決めていましたが、今後この分野はさらなる強化が必要です。後半は地形でのグラトリ練習を行いました。ギャップグラトリというのは呼んでその名の通りですが、ゲレンデにある地形や落差のある所でグラトリをするもので、今回R19では本格的にギャップでのグラトリ練習を始めました。以前から当チーム内ではギャップなどの落差を使ってのグラトリ技術を高めていこうという方針は決まってはいたのですが、先シーズンは雪不足で思ったようには出来なかったのでした。

落差などでのグラトリはフラットな所よりもランディングや板のはじきのポイントがシビアになります。特にスピン系はピンポイントで板を弾かなければなりません。そしてギャップでのグラトリは落差の分、高さが出るのでランディングも難しくなります。しかしこのような地形変化を使った練習はフラットでのメイク率を高くすると共に、視線の使い方、先行動作を一段階上の技術へと高めるために必要な練習で、様々な状況で役に立ってきます。

今日は天気良好のため、ビデオカメラ2台が投入され、グラトリ、ギャップグラトリ、エアーの撮影を行いました。今は予告編のみ公開されているR19 07-08opening「Final dimension」ですが、今回撮影した映像は「Final dimension」の完成版に使われる予定です。現在、編集部によって急ピッチで映像の選考審査と動画の作成および音楽作成室での動画用の新曲の作成が行われている状況です。すべてのマテリアルが揃った時点で公開となります。公開は2月中を予定しています。