鹿島槍+1000円で青木湖へ


相変わらずの冷え込みが続いており、大町・白馬では朝の気温が氷点下10℃近くになっています。この恩恵で雪の劣化が比較的少ないように思います。この寒さの中、今週も平日ナイターに繰り出すなど、精力的な活動をしているメンバーもいて、チームメンバーへの良い刺激になっています。

本日は鹿島槍ではワンメイクコンテストが行われ、続々と猛者たちがキッカーの周りに集結していました…が鹿島槍では1000円追加で青木湖スキー場へに行けるチケットに拡張されるという機能があり、これを使って青木湖スキー場へ行ってしまいました。実はR19のメンバーは過去に青木湖へ行った事がなく、半分興味本位での決行でした。

ここは下に青木湖が一望でき景色も◎です。ゲレンデ自体は決して大きいとはいえませんが、ゲレンデの斜度は終始グラトリ向きで、今日は圧雪状態も良く非常に調子の良いバーンでした。途中には3mテーブルトップのポコジャンがあり、バーンの端には地形によるポコジャンもあり、ジャンプ→グラトリ→地形といった濃厚なメニューで青木湖で一日を満喫し良い練習ができました。

ここは鹿島槍よりグラトリ人口が多く、スピンをする人も多くいたので、よい刺激を受け各自精力的にグラトリに専念したおかげで、さすがにみんな足に乳酸がたまって疲れを隠せない様子でした。明日からまた仕事もあるので、夕方には撤収となりました。今日あたりから寒気が流れ込んでいて、家に着く頃には松本では雪が降り始めていました。低気圧が太平洋側にあるので、北部の雪は少な目かもしれませんが、今後の積雪に期待したいところです。